リアルタイム字幕放送のための音声認識 Speech Recognition for Real-Time Closed-Captioned Broadcast

この論文をさがす

著者

    • 今井 亨 IMAI Toru
    • NHK放送技術研究所 NHK (Japan Broadcasting Corporation) Science & Technology Research Laboratories

抄録

テレビ番組中の発話内容を文字で伝える字幕放送は,聴覚障害者や高齢者に対する有用な情報保障手段となっている.近年,ドラマなど編集済み番組の字幕化率が高まるとともに,ニュースやスポーツなど生放送番組に対するリアルタイム字幕放送も,音声認識を利用した字幕制作システムの実用化や,高速入力用キーボードなどの利用により,年々拡充が図られている.また,さらに効率的な字幕制作を目指して,音声認識技術の改善研究やシステム開発も進められている.本稿では,リアルタイム字幕放送のための音声認識について,これまでに実用化された各種方式や現在検討中のシステムを紹介し,残された今後の技術的課題を考察する.

Closed-captioned broadcast, which carries textual information for utterances in TV programs, is a useful medium of information accessibility for hearing impaired and elderly. In recent years, the ratio of closed-captioned pre-edited TV programs such as dramas has become higher, and real-time closed-captioning of live programs such as news and sports has also been expanded year after year by speech recognition in practical use or a special high-speed input keyboard. Aiming at more efficient closed-captioning, research for the improvement of the speech recognition technology and system development are underway. This paper introduces some types of the real-time closed-captioning systems with the speech recognition in practical use so far and a new system under study, and discusses the remaining technical issues to be considered.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 109(260), 19-24, 2009-10-22

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  29件中 1-29件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007482253
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10433140
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ