絶対不快音の不快感の原因となるスペクトル的特徴 Spectral features that cause unpleasantness of absolutely unpleasant sound

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では誰もが不快に感じる絶対不快音を構成している要因を明らかにするために、16種類の不快音の音響分析と聴取実験を通じて不快感の原因となるスペクトル的特徴を明らかにする。その結果、音圧の高い音は不快度が高いこと、不快度の高い音は、5〜7kHzに強いスペクトル成分を持つこと、その強いスペクトル成分は、周波数的にも時間的にも不規則に出現していることがわかった。また、絶対不快音の強いスペクトル成分を逆フィルタで減衰させると、不快度は低くなることもわかった。

This paper clarifies spectral features that cause unpleasantness of absolutely unpleasant sounds by acoustical analysis and listening tests of 16 kinds of unpleasant sounds. The acoustical analysis and listening tests revealed that high sound pressure level sound is unpleasant, unpleasant sounds have strong spectral components around 5〜7kHz, the strong spectral components randomly appear both in spectrally and temporally. Further, degree of unpleasantness decreases by attenuating the high-frequency strong spectral components using inverse filters.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 109(240), 25-29, 2009-10-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007483375
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10433911
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ