水平面音像定位に必要な周波数帯域と聴感度特性の関係 Threshold of hearing and signal bandwidth necessary for horizontal sound localization

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では被験者の聴感度特性を把握した上で、帯域制限した白色雑音を用いて実音源の水平面音像定位実験を行い、聴感度特性と3次元音像の定位に必要な周波数帯域の関係を明らかした。10名の被験者が白色雑音とローパスフィルタ(0.5,1,2,4,8kHz)、ハイパスフィルタ(2,4,8,12,16kHz)を通した白色雑音についてそれぞれ定位実験を行った。その結果、全ての被験者の音像定位精度はフィルタのカットオフ周波数に応じて同様の傾向を示した。しかし、ローパスフィルタをかけた刺激音では大きな個人差があった。ほとんどの被験者が、大きく帯域を制限した刺激音ではあまり定位ができていなかった。また、高域の聴感度が低下している被験者では刺激音の帯域が狭ければ狭いほど他の被験者に比べ定位精度が低くなっていることがわかった。

This paper clarifies the relationship between subjects hearing threshold level and signal bandwidth necessary for horizontal sound localization. Ten subjects listened to white noise, low-pass (0.5, 1, 2, 4, 8kHz) or high-pass (2, 4, 8, 12, 16kHz) filtered noise stimuli. Localization accuracies as a function of filter cut off frequency are similar among subjects. Those for low-pass filtered noises, however, show important individual difference. Almost subjects can hardly localize heavily low-pass (0.5, 1, 2kHz) or high-pass (12, 16kHz) filtered noises. For subjects who have severe hearing losses at higher frequency, the narrower the stimulus bandwidth the less the localization accuracy.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 109(240), 83-88, 2009-10-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007483385
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10434047
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ