テレヘッド制御のための頸部筋電位を用いた頭部回転運動の推定 Estimation of head-rotation movements from neck EMG signals for TeleHead

この論文をさがす

著者

抄録

テレヘッドを制御する際、約100msの制御系の時間遅延が生じるため、その遅延を補う必要がある。本研究では、実際の頭部運動よりも約100ms早く出現する筋電位を用いてテレヘッドを制御することを試みた。その結果、重回帰モデルを用いることで、姿勢保持時の頸部筋電位から被験者の頭部回転角をよく推定できた。さらに、動的な影響を考慮したモデルを用いることによって、静止時だけでなく頭部回転運動時の角度の推定できることを示す。また、それらの推定角度を用いることで、実際にテレヘッドを制御できることも確認した。

It is necessary to compensate the temporal delay of about 100ms caused by the control system of TeleHead. This report proposes a novel method for estimating human head-rotation movements from neck EMG signals, which one observed about 100ms before the onset the muscle movement. Our linear regression model can adequately estimate head-rotation angles. In addition our proposed model, which considered not only static but also dynamic effect, effectively estimates head-rotation movements well, and controls TeleHead.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 109(240), 95-100, 2009-10-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007483387
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10434055
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ