相反法によるHRTF計測の問題点 Issues of the HRTF measurement via reciprocal method

この論文をさがす

著者

抄録

相反法によるHRTF計測システムを構築し、直接法と比較した。その結果、1mの距離では、相反法で計測したHRTFは直接法で計測したHRTFと中域(0.4〜1.4kHz)において類似していた。低域および高域のHRTFが計測できなかった理由は耳栓スピーカの出力音圧が低く、指向性があるためである。この問題は耳栓スピーカへの入力信号レベルの増大、加算回数の増加、Warped-TSPの利用によっても解決は困難である。しかし、相反法は中域のHRTFしか高精度に計測できないとしても、極めて短時間でHRTFを計測できるために有効性が高いHRTF計測法といえる。また、受音点位置での音圧が高くなる頭部近傍では広帯域のHRTFが計測可能である。

In order to build a fast HRTF measuring system, we have reexamined the HRTF measurement via reciprocity. It is confirmed that reciprocally and directly measured HRTFs agree well in midrange frequency band (0.4-14kHz). As the earplug speakers generate low output sound pressure and have directivity, the HRTFs are not measured well in low and high frequency bands. The issues cannot be solved by boosting the input voltage to the speaker, increasing the number of averaging and using a Warped-TSP. However the reciprocal method can measure only midrange HRTF, the method is useful because HRTFs for multi location can be measured at a time. In addition, wider band HRTFs can be measured in the sound field near the head, because the closer to head the higher the sound pressure level with the earplug speaker.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 109(240), 107-112, 2009-10-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007483389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10434098
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ