運動の第二法則検証実験の工夫と検討  [in Japanese] Devices and Discussions on Verifying Experiment on the Second Law of Motion  [in Japanese]

Access this Article

  • CiNii Fulltext PDF

    Open Access

Search this Article

Abstract

運動の第二法則の実験としては,ゴムひもで台車を引く方法,振り子を使う方法,台車定加速装置を使う方法などいろいろな方法があるが,今回,比例関係だけではなく,定量的な関係まで証明できる簡単で安定した方法を工夫してみた.これは,力学台車にばねばかりを取付け,ばねばかりを落下おもりで引張る方法で,ばねばかりの裏にフェライト磁石をつけ,台車に取付けやすくしたこと,ばねばかりに指標を取付けることによって,運動中のばねばかりの指針の位置を静止状態で読めるようにしたこと等の工夫を加えた.これによって,運動中,台車に加えられている力を容易に読み取ることができF=maの関係を直接検証することができるようになった.また,安定した結果を得るための台車の質量と落下おもりの質量の関係についても検討してみた.

Journal

物理教育   [List of Volumes]

物理教育 30(2), 70-73, 1982-05-25  [Table of Contents]

Physics Education Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID) :
    110007489166
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID) :
    AN0021972X
  • Text Lang :
    JPN
  • ISSN :
    03856992
  • Databases :
    NII-ELS