コーヒーカップとスプーンの接触音の音程変化 Variation in Tones of Sound from the Mug Hit by a Spoon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マグカップでインスタントコーヒーを溶かしてかき混ぜるときに,ティースプーンとマグカップがぶつかり,音が生じる。この音は,インスタントコーヒーが完全に溶解するまでの間,音程が「くぐもった低い音」から徐々に甲高い音に変化する。周波数特性を行ってこの現象の原因を解明し,その過程を教材化した。この教材は,音波・音響や振動に入門する教材にもなりうるが,それ以上に,科学研究の手法を学び,物理学を身近に感じるために最適の教材となりうる。

収録刊行物

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007491429
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0021972X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03856992
  • NDL 記事登録ID
    9310759
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z15-2
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ