情報爆発時代の情報検索結果俯瞰サービスの提案

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は,インターネット/イントラネットの検索エンジンが出力した結果を,鳥瞰的に俯瞰するデジタル・コンテンツ・アグリゲーションサービス(Digital Contents Aggregation Service)の実現を目指している.俯瞰用のmetricsとして, 5W1H (Who, When, Where, What, Why, How)が有効であると考えており,今回,When要素を使ったシステムを試作した.つまりコンテンツが持つ時情報を使って,検索結果コンテンツを年表上に俯瞰する機能の実現である.従来のランキングによる検索結果のリスト表示方式による特定のコンテンツ探索サービスと比べ,検索結果コンテンツ群の俯瞰サービスは,利用者に新たな気づきを与える可能性が高まると期待される.

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第71回(データベースとメディア), 493-494, 2009-03-10

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007502139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ