高分子材料を用いたオーディオ用インシュレータの開発 Development of new type of insulator for stereophonic equipment made by polymeric material

この論文をさがす

著者

抄録

これまでオーディオ用のインシュレータは種々開発・販売され,使用により音質が変化することは良く知られているが,その理由については解明されていないのが現状である.本研究では,円錐型スパイク形状のインシュレータを採り上げ,頂点から底面またその逆方向での振動伝達特性の理論的解明を試み,形状や材質が伝達特性に与える影響を検討する.さらに,電源部を持たないアンプなど振動発生が少ない信号系統での雑音低減を目指し,スパイクの形状と振動吸収法を検討した.実験的には数種類の樹脂材料を用いて円錐型スパイクを試作し,信号系統の雑音低減に有効な形状や材質を,音質と音像定位の改善の立場から比較検討した.また,同時に,併用する振動吸収剤の効果についても検討を重ねた.

A theoretical analysis for the vibration transmission characteristics of conically shaped spike are derived to clarify how the vertical angle of conical shape and property of material influent its characteristics. Based on its result, the vertical angle of conical shape and the property of material have an effect on cutoff frequency of vibration transmission and the transmission factor from vertex to base is reduced than that in inverse use for same cross section. Results of hearing test on sound quality and summing localization for test pieces made by nylon 6 and polycarbonate for stereophonic equipments showed effectiveness to improve the reproduced stereophonic sound.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 109(286), 43-48, 2009-11-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007505057
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10479059
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ