CSCL研究における「社会的存在感」概念に関する一検討(<特集>協調学習とネットワーク・コミュニティ) A Review of "Social Presence" for CSCL Research(<Special Issue>Collaborative Learning and Networked Communities)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

教育学習研究において社会的存在感が着目されてきている.社会的存在感は学習意欲の向上や学習満足度の向上に対して有効であるとされているが,これらの知見は1つの社会的存在感の概念で説明されたものではない.社会的存在感の考え方が複数存在し,その違いによって研究知見も異なる.システムデザインや協調学習の評価のためには,「社会的存在感」に関する考え方や知見が整理されていることが望ましい.本稿では「社会的存在感」概念に関する考え方をSHORTらの考え方,GUNAWARDENA,TUらの考え方,GARRISONらの考え方に大別し,それぞれの考え方ごとにどのような研究が行なわれているのかを整理する.またその3つの考え方にもとづく測定法を整理することで「社会的存在感」概念が何の評価に関わるのかを議論する.

As Computer-Supported Collaborative Learning (CSCL) is used over the world, interest has grown in the concept "Social Presence". Social Presence is defined as "degree of salience of the other person in the interaction and the consequent salience of the interpersonal relationship". Social Presence seems to be effective on the motivation for learning and the satisfaction with learning. However, social presence has various aspects now. The effect depends on the aspect. It is desirable that the aspect and outcome of social presence should be organized for researchers and educators to refer to it, in order to design CMC tools, and evaluate CSCL. This paper aims to review the previous research about social presence from the viewpoints; aspect, research type and measurement.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 33(3), 353-362, 2010

    日本教育工学会

参考文献:  38件中 1-38件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007520580
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    10569919
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ