富士北麓剣丸尾溶岩流上のアカマツ林の起源 The origin of pine forest on Ken-Marubi lava flow on the lower slopes of Mt. Fuji

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1.西暦937年,富士山の噴火の際に流出したとされる,剣丸尾溶岩流上には広い範囲にわたってアカマツのほぼ純林が形成されている.この群落は一次遷移系列上の先駆群落とみなされて来たが,その成因は明らかでない.このため,本研究では群落生態学的な現地調査と周辺の土地利用に関する文献調査からその起源を明らかにすることを目的とした.<BR>  2.標高約1030mに設置した永久方形区での群落調査から,アカマツの直径階分布は20-25cmのクラスにピークを持つ一山型で,その密度は高かった.また,階層構造としてはほぼアカマツだけの林冠層とソヨゴを中心とする亜高木・低木層の明瞭な二層構造となっていた.<BR>  3.アカマツの最大樹齢は90年で,その樹齢は直径サイズに関係なくほぼ80-90年生でそろっていた.<BR>  4.剣丸尾周辺の森林利用の歴史についての文献調査により,江戸時代から剣丸尾上の植生は入会地として住民に利用されていたことが明らかとなった.また明治時代には剣丸尾周辺には桑畑が広がっており,養蚕業のためにかなりの濫伐が行われたと考えられた.<BR>  5.その後,剣丸尾上の一部は1915年に恩賜林組合によって柴草採取区域に指定され適切な入会地管理がなされたため,これ以降に一斉にアカマツが侵入したものと考えられた.さらに1934年に部分林に再設定された際に雑木除去によるアカマツの天然更新施業が行われ,その後1960-70年代まではアカマツ林の林床植生は柴草として利用されていた.<BR>  6.このように剣丸尾アカマツ林は溶岩流出後の自然の一次遷移系列上にある先駆群落とは異なり,長年の人為的な攪乱により遷移が停滞していた立地に,攪乱停止後に成立したアカマツ林である.また1934年の雑木除去と1960-70年代までの下層植生の利用が,現在のアカマツ林の林分構造に大きく影響していた.

Pinus densiflora is dominant on the Ken-Marubi lava flow, which was formed in 937, on the lower slopes of the north side of Mt. Fuji. However, the origin and successional history of the Ken-Marubi Pine forest were unclear. We investigated the community structures of the forest using a permanent plot at 1030m a.s.l on the Ken-Marubi lava flow, and studied the history of forest utilization by residents. Pinus densiflora predominated (79.7% of relative dominance) in the canopy layer with tree density of 912ha^<-1>. The peak of the dbh class distribution of the tree was 20-25cm, and the trees were 80-90 years old. The forest products grown on the Ken-Marubi lava flow have been utilized as fertilizer and fuel by residents from the Edo era, but were over-used in the early Meiji era (1880-90) due to the development of sericulture business. Therefore, a forest association was established and has managed the area on the Ken-Marubi lava flow as productive forest from 1915, where the residents can use sprouted shrubs and herbaceous weeds. The management of the area changed to pine forest in 1934, and started cutting all weedy trees except Pinus densiflora. In conclusion, the Ken-Marubi pine forest is not at an early pioneer tree stage of primary succession on the lava flow, but is a secondary forest established after the exclusion of artificial disturbances.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 20(1), 43-54, 2003

    植生学会

参考文献:  45件中 1-45件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522340
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    6636071
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ