ブナ帯に出現する広葉草本種の生育立地の地理的差異 Geographical differences in the habitat of forb species occurring in Japanese beech (Fagus crenata) forest zone

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 蛭間 啓 HIRUMA Akira
    • 東京農工大学連合農学研究科 The United Graduate School of Agricultural Science, Tokyo University of Agriculture and Technology

抄録

  1.太平洋側では広葉草本種の出現割合が高いタイプのブナ林が存在するが,日本海側にはそのようなタイプのブナ林は存在しない.このようなブナ林群落の地理的分化の背景を検討するために,東日本太平洋側の2つのブナ林亜群集に出現する維管束植物が,日本海側のブナ帯において,どのような立地環境に生育しているのかを,地形との関係で把握した.<BR>  2.太平洋側2地域,日本海側2地域のブナ帯において植物社会学的植生調査を行い,同時に地形条件の記載を行った.微地形単位を頂部緩斜面,山腹斜面,谷,小谷の谷壁斜面の4つに区分し,各微地形単位毎に植生調査資料をまとめ,ブナ林に出現した維管束植物種の生育立地を地域間で比較した.その結果,生育立地のパターンから8つの種群が認識できた.<BR>  3.太平洋側ではブナ林が成立する頂部緩斜面,山腹斜面に生育していたが,日本海側ではブナ林が成立しない谷,小谷の谷壁斜面に生育が限られるという,生育立地の地理的差異が確認できた.このように,生育立地に地理的差異がみられた種群には,広葉草本種が多く含まれていた.一方,太平洋側,日本海側を問わず,ブナ林が成立する頂部緩斜面,山腹斜面に生育していた種群や,日本海側においてのみブナ林が成立する微地形単位に生育がみられた種群には,木本種やシダ型草本種が多く含まれており,広葉草本種は少なかった.<BR>  4.いずれかの地域においてブナ林に生育する広葉草本種のほとんどは,太平洋側においてのみブナ林に生育し,日本海側では分布するものの,ブナ林以外の群落に生育していると考えられた.<BR>  5.太平洋側と日本海側のブナ林群落の大きな違いは,太平洋側では広葉草本種の出現割合が高い亜群集が存在するが,日本海側の2地域ではそのようなタイプが存在しないことであった.このようなブナ林群落の地理的分化を引き起こしている日本海側のブナ林における広葉草本種の貧化・欠落は,種が分布しないことによって生じているのではなく,それらの種の生育立地が,ブナ林から他の立地へとシフトしていることに起因していると考えられた.

The habitat differences for vascular plant species, particularly for forbs, between the Pacific Ocean side (POS) and the Sea of Japan side (SJS) were investigated in the Japanese beech (Fagus crenata) forest zone. Some of the beech forest communities contain many forb species in the herb layer. Distributions of these communities themselves are restricted in POS; however most of the constituent forb species or their varieties are distributed also in SJS. Thus, in SJS, we can expect that these forb species will be growing in some communities other than beech forest. The community floristic composition and the habitat of vascular plant species were surveyed using phytosociological methods and description of topographic condition (165 releves were collected in total). Four micro-landform units were distinguished, i.e. 1) gentle crest slope, 2) side slope, 3) valley and 4) side slope in a small valley. Releves were collected for each micro-landform unit and the habitat of vascular plant species was compared between POS and SJS. As a result of this comparison, eight species groups were distinguished from their habitat patterns. The habitat differences for vascular plant species were observed as a species group which grew on gentle crest slope and side slope in POS where beech forest are established, and grew only on valley and side slope in a small valley in SJS where beech forest are absent. These species groups contained many forb species. Consequently, absence of forbs in beech forest in SJS may not be caused by an absence of forbs in SJS, but by habitat shift of forbs from beech forest (gentle crest slope and side slope) to other habitats in SJS.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 21(1), 39-50, 2004

    植生学会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522351
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    7085655
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ