四国のサワグルミ林における林床植生の種組成と微地形 Forest floor vegetation of Pterocarya rhoifolia forests in Shikoku, with special reference to micro-landform

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川西 基博 KAWANISHI Motohiro
    • 横浜国立大学大学院環境情報学府:(現)帝京大学高校 Graduate School of Environment and Information Science, Yokohama National University
    • 石川 愼吾 ISHIKAWA Shingo
    • 高知大学理学部自然環境科学科 Department of Natural Environmental Science, Faculty of Science Kochi University
    • 三宅 尚 [他] MIYAKE Nao
    • 高知大学理学部自然環境科学科 Department of Natural Environmental Science, Faculty of Science Kochi University
    • 大野 啓一 OHNO Keiichi
    • 横浜国立大学大学院環境情報研究院 Faculty of Environment and Information Science, Yokohama National University

抄録

  1.四国のサワグルミ林内における林床植生の成り立ちを明らかにすることを目的とし,林床植生における群落の空間的分布・配列と微地形単位との対応を検討した.<BR>  2.サワグルミ林が成立している範囲における微地形単位を,その形状と表層物質(細粒物質の粒度組成,礫径,有機物含有量)から把握した.崖錐は,全体的に粗大な礫が卓越する微地形で,その礫間充填物は有機物を多く含んでいた.下部谷壁斜面の礫間充填物は,シルト・粘土が最も多く含まれる粒径組成を示したのに対し,麓部斜面と流路では砂礫を最も多く含んだ粗粒な充填物であった.土石流段丘の礫径および礫間充填物は変動が大きかった.<BR>  3.崖錐では構成種数が少ないタニギキョウ群落が成立していた.それ以外の微地形単位では複数の群落が成立していた.シコクスミレ群落は有機物含有量の大きい下部谷壁斜面に,オオマルバノテンニンソウ群落は流路の影響は及ばない高位土石流段丘から下部谷壁斜面に成立していた.ラショウモンカズラ群落は麓部斜面の有機物含有量が比較的低い堆積物上に,テンニンソウ群落は,堆積物が粗砂と礫で構成される低位土石流段丘と麓部斜面に成立していた.ワサビ群落は源頭部の流路に成立していた.<BR>  4.四国におけるサワグルミ林の林床植生では,微地形単位に直接結びつく群落が存在する一方で,微地形単位内部のより微細な立地に対応する群落も存在し,これらの群落が複合することによってサワグルミ林全体の種組成が決定されている.

Relationships between forest floor vegetation and micro-landform were investigated in Pterocarya rhoifolia forests in Shikoku, Japan. Five types of micro-landforms in the forests were distinguished in this study: channel; terrace of debris flow; foot slope; lower sideslope; talus. Six types of forest floor vegetation of Pterocarya rhoifolia forests were distinguished. Peracarpa carnosa var. circaeoides community was established only on talus composed of rocky materials. On the other micro-landforms, some communities were established. Viola shikokiana community was established on the lower sideslope that consisted of organic deposits. Leucosceptrum stellipilum var. tosaense community was established on higher terrace of debris flow and lower sideslope not affected by fluvial processes. Meehania urticifolia community was established on foot slope having poor organic materials. Leucosceptrum japonicum community was established on foot slope and the lower terrace of debris flow mainly composed of sand and gravel. Eutrema japonica community was established on channels in the riverhead. Forest floor vegetation of Pterocarya rhoifolia forest was multiunit of these herbs influenced by not only micro-landform but also the soil condition.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 22(2), 87-102, 2005

    植生学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522365
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    7965536
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ