日本の暖温帯に生育する海浜植物14種の永続的シードバンク形成の可能性 Potential for persistent seed bank formation in 14 coastal dune plants in the warm temperate zone in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1.日本の暖温帯の主要な海浜植物14種(在来海浜植物11種,外来植物3種)について,永続的シードバンク形成の可能性を明らかにするために,野外において約1年間にわたる播種実験および埋土実験をおこなった.<BR>  2.地表0cmおよび地表面下5cmへの播種実験の結果,ハマエンドウ,ハマボウフウ,ハマヒルガオ,ハマゴウ,ネコノシタ,コウボウムギ,コウボウシバ,ビロードテンツキ,コマツヨイグサ,オオフタバムグラ,ボウムギの11種は播種から約1年後にも未発芽の生存種子が残されており,地表付近に永続的シードバンクを形成する可能性があると考えられた.<BR>  3.ハマニガナ,オニシバ,ケカモノハシの3種は地表0cmおよび地表面下5cmへの播種から約1年後に未発芽の生存種子は残されておらず,地表付近には永続的シードバンクを形成しにくいと考えられた.<BR>  4.地表面下100cmへの埋土試験の結果,対象とした14種はいずれも1年以上の埋土処理後にも発芽能力を維持しており,深く埋められたときには永続的シードバンクを形成する可能性が示された.また,ハマヒルガオを除く13種は,埋土条件下では発芽が完全に抑制されていることが観察された.<BR>  5.地温の測定結果から,深深度では,冬季に十分に低温にならないために種子の休眠解除が阻害される可能性や,地温の日変化がほとんどないために種子の発芽要求が満たされない可能性が示唆された.<BR>  6.埋土深度の違いによる温度環境のちがいが種子のふるまいを規定している可能性があることから,堆積速度が異なる場所ではシードバンクの成り立ちが異なるものと推察された.堆砂が激しい「不安定帯」では散布された種子が地表面下深く埋められるため,すべての種がシードバンクを形成する可能性が考えられた.一方,堆砂の少ない「半安定帯」では散布された種子は地表付近にとどまり,永続的シードバンクを形成するかどうかは種ごとの休眠発芽特性によって決まると考えられた.

Seed germination and burial experiments over more than 12 months were carried out in the field to reveal the potential for persistent seed bank formation in 14 plant species (11 native species and 3 alien species) which are dominant and/or characteristic species of coastal sand dunes in the warm temperate zone in Japan. Results of the seed germination experiment, in which seeds were sown at depths of 0cm and 5cm, suggested that Lathyrus japonicus, Glehnia littoralis, Calystegia soldanella, Vitex rotundifolia, Wedelia prostrata, Carex kobomugi, Carex pumila, Fimbristylis sericea, Oenothera laciniata, Diodia teres and Lolium rigidum could form persistent seed banks close to the sand surface, but that Ixeris repens, Ischaemum anthephoroides and Zoysia macrostachya could not. Results of the seed burial experiment, in which seeds were buried at a depth of 100cm over more than 12 months, suggested that all species could form persistent seed banks at that depth. Seed dormancy or quiescence at a burial depth of 100cm would be due to the soil temperature. The burial depth of 20-30cm would be enough to inhibit seed germination. At a zone where the sand accretion rate is high, most of the dispersed seeds would be buried deeply and would form persistent seed banks. In contrast, at a zone where the sand accretion rate is low, the possibility of seed bank formation would vary depending on the dormancy and germination characteristics of the species.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 22(2), 135-146, 2005

    植生学会

参考文献:  41件中 1-41件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522368
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    7965675
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ