数値地形情報を用いた希少渓畔樹種ヤクシマサルスベリの潜在的ハビタットの広域推定 Modeling potential habitats for Lagerstroemia subcostata var. fauriei, a rare riparian species on Yakushima Island, by analysis of GIS-derived topographic factors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 哲 ITO Satoshi
    • 宮崎大学農学部生物環境科学科 Department of Biological Production and Environmental Science, Faculty of Agriculture, University of Miyazaki
    • 光田 靖 MITSUDA Yasushi
    • 独立行政法人森林総合研究所森林管理研究領域 Department of Forest Management, Forestry and Forest Products Research Institute
    • 魏 敦祥 [他] GI Nobuyoshi
    • 宮崎大学農学部生物環境科学科 Department of Biological Production and Environmental Science, Faculty of Agriculture, University of Miyazaki
    • 高木 正博 TAKAGI Masahiro
    • 宮崎大学農学部附属自然共生フィールド科学教育研究センター Field Science Center, Faculty of Agriculture, University of Miyazaki
    • 野上 寛五郎 NOGAMI Kangoro
    • 宮崎大学農学部附属自然共生フィールド科学教育研究センター Field Science Center, Faculty of Agriculture, University of Miyazaki

抄録

  1. 屋久島西部の国割岳西斜面を対象に,準絶滅危惧種ヤクシマサルスベリの潜在的なハビタットの推定を行った.<BR>  2. 現地調査による個体分布と数値地形情報から算出された地形因子を基に12.5m×12.5mの11280セルについて,ポアソン分布を用いた一般化線形回帰分析(Poisson loglinear model)による個体密度推定モデルを構築した.<BR>  3. 地形因子を1)対象セルそのものの地形特性,2)最近接流路との位置関係,3)最近接流路の属性,4)集水域の違いの4レベルに整理し,各レベルの因子を順次追加してモデルを構築することで,使用する因子の重要度を比較した.<BR>  4. モデルの次数が大きくなるに連れてAICが減少しており,モデルの当てはまりのよさが向上した.この結果は,解析対象とするセルそのものの地形特性だけでは,ヤクシマサルスベリの潜在的なハビタットの推定が困難であることを示していた.<BR>  5. 集水域の違いを考慮したモデルでは,他のモデルと比較して推定精度が飛躍的に向上した.これは,種子供給源と土砂生産源の存在の違いが影響していると考えられた.<BR>  6. 以上の結果から,渓畔種であるヤクシマサルスベリの潜在的なハビタット推定には,近接流路との関係および流路の属性の考慮および集水域の違いに関わる要因として土砂生産源となる崩壊地の分布や種子供給源となる母樹の分布の把握が有効であることが示唆された.

We modeled the distribution of the habitat of Lagerstroemia subcostata var. fauriei (LSF), a rare riparian species which is indigenous to Yakushima Island, southern Japan, by analysis of GIS-derived topographic factors. We measured the distribution of LSF at sample sites (ca 15 ha in total) located within two catchments (60 ha in total) on the western side of Yakushima Island. Based on this data, we modeled the distribution of tree density of LSF in 12.5m×12.5m grid cells covering the entire area of the two catchments (11280 cells in total) by using Poisson loglinear modeling of GIS-derived topographic factors. The modeling was performed by progressively adding four different levels of topographic factors as follows: Level-1, topographic attributes of the target cell, such as elevation or slope inclination; Level-2, cell position relative to the adjacent channel; Level-3, attributes of the adjacent channel; and Level-4, catchment-scale attributes. The AIC factor of the models obtained decreased with the addition of attribute data from the Level-1 to Level-4 factors. This indicated that the topographic attributes of the target cell (Level-1) alone are not sufficient to describe suitable habitat for LSF, and that channel characteristics (Level-2 and 3 factors) are also useful. Moreover, the models adopting Level-4 factors showed the best performance, indicating the importance of catchment characteristics, such as the existence of sediment sources or seed sources, in explaining the actual distribution of LSF.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 23(2), 153-161, 2006

    植生学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522383
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    8906651
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ