有珠山2000年噴火によって形成された火口湖周辺の初期植生 Early-stage vegetation on the shores of the crater lake formed by the eruption of the Usu Volcano in 2000, Hokkaido Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 冨士田 裕子 FUJITA Hiroko
    • 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園 Botanic Garden, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University

抄録

  1. 2000年3月31日に開始した有珠山噴火活動によって金比羅山山麓にできた2つの火口のうち,K-B火口湖岸の植生を2004年8月に調査した.<BR>  2. 調査地付近には2001年春から植物の侵入・定着が認められ,2004年には抽水植物を含め21種の植物が確認され,植生は微地形に沿って変化していた.<BR>  3. 確認された植物の多くは,風散布型植物と火口付近の治山事業や復旧活動にともない人が持ち込んだと推察される路傍雑草であった.<BR>  4. 湖岸や水の停滞する場所では抽水植物の繁茂が著しく,それらの多くは鳥,特に水鳥によって散布された可能性が高い.

The early-stage vegetation on the shores of the crater lake formed by the 2000 eruption of Usu Volcano, Hokkaido Japan, was investigated in the summer of 2004. Invasion and establishment of vascular plants in the study area began in the spring of 2001. By the summer of 2004, 21 plant species, including emergent aquatic plants, had become established at the study site, and the vegetation exhibited changes with respect to differences in microtopography. Many of the plants were anemochorous or anthropochorous weeds. Emergent aquatic plants dominated the shores of the crater lake and other waterlogged sites. It is inferred that the most of seeds of these emergent aquatic species appear to have been dispersed by birds, and especially by waterfowl.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 23(2), 163-169, 2006

    植生学会

参考文献:  39件中 1-39件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522384
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    8906686
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ