コナラ-ヤマブキ群集 : 沖積砂礫地に成立する河畔林群落 Kerrio japonicae-Quercetum serratae : A new association in the riparian forest community on the gravel-river bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1. 河川沿いの沖積砂礫地に成立するコナラ林の植物社会学的位置付けをおこなうために,本州中部を流れる河川において植生調査をおこない,山地,丘陵地,台地に成立する既報のコナラ林の諸群集と種組成の比較をおこなった.<BR>  2. 河川沿いのコナラ林は種組成的な独自性が高いと判断されたことから,ヤマブキ,ウメガサソウ,サワシバ,クロウメモドキ,イヌザクラ,アサダ,オニイタヤ,ウバユリを標徴種として,新たにコナラ-ヤマブキ群集を記載した.<BR>  3. コナラ-ヤマブキ群集は山地,丘陵地,台地のコナラ林の諸群集に比べて,ハルニレ-シオジオーダーの種をより多く有し,逆にススキクラスの種が少い.これは土壌条件や農用林・薪炭林としての利用履歴などが異なっていることが関係していると考えられた.<BR>  4. コナラ-ヤマブキ群集は,WI75℃・月から110℃・月,CI-25℃・月から-5℃・月に分布していた.このことから,本群集は気候的には中間温帯を中心に分布する群集であると考えられた.<BR>  5. コナラ-ヤマブキ群集の分布は,内陸部の山地と低地の境界付近に集中しており,扇状地の分布と一致していた.また,主な成立立地は礫床河川沿いの砂礫地であった.<BR>  6. コナラ-ヤマブキ群集は山地,丘陵地,台地のコナラ林ではほとんど出現しないキハギ,クモキリソウ,アブラチャン,オシダなど,河畔林や渓畔林との共通種を多数有していた.特に,同様の立地に成立するアカマツ-ヒメヤブラン群集や渓谷のケヤキ林との種組成的関連が強いことがわかった.<BR>  7. コナラ-ヤマブキ群集はカシ類,ブナなどの気候的極相種をほとんど含まないことから,中間温帯域の礫床河畔における土地的極相群落の一つと考えられた.

A new association of deciduous broad-leaved riparian forests, namely, Kerrio japonicae-Quercetum serratae is described on the Pacific Ocean side in central Honshu, Japan. This association is dominated by Quercus serrata and is accompanied with Zelkova serrata, Castanea crenata, Prunus spp., Acer spp., and Carpinus spp. in the tree layer. Comparing with the other associations of Quercus serrata, Kerrio japonicae-Quercetum serratae is characterized by the elements of Fraxino-Ulmetalia Suz.-Tok. 1967, such as Kerria japonica, Rhamnus japonica var. decipiens, Ostrya japonica, Acer mono var. ambiguum, and Lilium cordatum. The distribution of this association is inland area of central Honshu of the intermediate temperate zone between warm temperate zone and cool temperate zone. The habitats of this association are riverside stable terraces in the middle reaches with surface deposits consisting of cobbles, gravels, and coarse sands. This association can be classified into the following upper unit: Carpino-Quercion serratae Miyawaki et al. 1971, Quercetalia serrato-grosseserratae Miyawaki et al. 1971, Querco serrato-Pinetea densiflorae Nakanishi, Takeda et Hattori 1977. The Kerrio japonicae-Quercetum serratae can be regarded as one of the edaphic climax of alluvial plain.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 24(1), 1-17, 2007

    植生学会

参考文献:  46件中 1-46件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522385
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    9394364
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ