九州南東部における常緑カシ7種の生態分布 Ecological distribution of seven evergreen Quercus species in southern and eastern Kyushu, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

九州東・南部に生育するブナ科アカガシ亜属の7樹種について,既存の植生資料と一部の原調査資料の解析により生態的な分布の特徴を明らかにした.標高傾度に沿ったそれぞれの樹種の分布解析,およびクラスター分析を用いた出現傾向の類似性の解析により,常緑カシ7種は高標高型4種(アカガシ,ウラジロガシ,シラカシおよびツクバネガシ)と低標高型3種(イチイガシ,アラカシおよびハナガガシ)の2つのグループに分けられた.アカガシは最も高標高域に分布し,斜面上部に偏って分布する傾向が認められた.ウラジロガシは7種の中で最も出現頻度が高かった.また,分布の標高幅も広く地形的な分布の偏りも認められないことから,7種の中では最も普遍的に出現する種と特徴付けられた.シラカシは前2種よりやや低標高に分布し,地形的な分布の特徴は検出できなかったが,調査対象地域内では内陸部に分布が集中した.ツクバネガシはシラカシと同様な標高分布を示したが,低標高域において斜面下部への分布の偏りが顕著であり,一種の渓畔要素となっていることが示唆された.低標高型3種のうち,アラカシはウラジロガシと同様に地形的あるいは地理的な分布の偏りがみられなかったが,種間クラスター分析では先駆種や雑木林などを生育場所とする落葉木本種と同じクラスターを形成し,攪乱に依存した性格が7種の中で突出していることが伺われた.イチイガシは,低標高の照葉樹自然林の標徴種群と同様の出現傾向を示し,地形に対する偏りも比較的弱かった.これに対してハナガガシは,最も低標高域に分布が限られ,地形的にも斜面上部での生育はほとんど認められなかった.

We investigated the ecological distribution of seven evergreen Quercus species in southern and eastern Kyushu, Japan by analyzing previously reported vegetation data. Analysis along an elevation gradient, together with cluster analysis of species correlations, revealed two major species groups with distinct distributions: a high-elevation group comprised of Quercus acuta, Q. salicina, Q. myrsinaefolia, and Q. sessilifolia and a low-elevation group consisting of Q. gilva, Q. glauca and Q. hondae. The distribution of Q. acuta had the highest elevation range, Q. hondae the lowest, of the seven species. Q. acuta also showed a preference for upper slope topographic positions. In contrast, the occurrence of Q. sessilifolia, Q. gilva and Q. hondae was biased towards lower slopes. The occurrence of Q. sessilifolia was particularly restricted to lower slopes at lower elevation (<400m), suggesting that it is a characteristic component of riparian lowland areas. Q. salicina had the highest frequency and least pronounced site preference with respect to both elevation and topography, indicating that it is a typical generalist species. Q. glauca had no topographic preference and was grouped with pioneer and/or deciduous species in cluster analysis, suggesting that it is an early-seral or disturbance-dependent species.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 24(1), 53-63, 2007

    植生学会

参考文献:  38件中 1-38件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522389
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    9394420
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ