ブナ林内におけるブナ稚樹の空間分布と他樹種の樹冠との関係 The spatial association between beech seedlings and crowns of other canopy tree species in a beech forest of northern Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1. ブナの稚樹の空間分布と林冠木の状態との対応を調べるために,北海道南西部のブナ天然林において設定した1haの方形区を5m×5mのグリッドに400分割し,各グリッドに出現したブナの稚樹を数えた.グリッドは上部の林冠の状態により,「ギャップ下」,「ブナ樹冠下」および「ブナ以外の樹冠下」の3タイプに区分した.<BR>  2. 方形区内に存在した稚樹は,高さが10-50cmの稚樹で686本,50-100cmの稚樹で683本であったが,どちらもブナ以外の樹冠下に集中していた.<BR>  3. 林冠木は,4月17日にはどの樹種も未開葉であったが,5月23日にはブナのみが展葉を完了し,他の樹種は開葉していなかった.7月10日にはすべての林冠木が展葉を完了していた.<BR>  4. 林床の相対光量子束密度(rPPFD)は,林冠層のブナのみが開葉した5月23日には,ブナ樹冠下でギャップ下に比べて大きく減少していた.しかし,開葉が始まっていないブナ以外の樹冠下ではギャップ下と大きな違いはみられなかった.<BR>  5. ブナの稚樹がブナの樹冠下で少なかったのは,ブナ林冠木の展葉が他の広葉樹よりも早いため,全天条件で生育した場合に比べて成長が抑制されるためと考えられた,一方,開葉の遅いブナ以外の広葉樹の樹冠下では,ブナの林冠木が開葉を完了させた時期においても,ブナの稚樹は被陰を受けないので成長が抑制される程度が少ないと考えられた.<BR>  6. ブナ以外の樹冠下では生育期間の前半に閉鎖し,以降の林床は被陰下におかれるので強光を通年で要求する先駆種は生育できない.このため,ブナの稚樹が独占的に利用できる生育立地と考えられた.

Regeneration process of Siebold's beech (Fagus crenata) has been considered to follow gap dynamics theory. However, field observation at a beech forest in southern Hokkaido revealed that the seedling banks of beech trees were never associated with the canopy gaps. Instead, they were likely to be established under canopies of other tree species, especially those of Magnolia obovata which are often found in natural beech stands. Leaf expansion of Magnolia trees begin approximately one month later than that of beech trees. Consequently, in early spring, the canopy layer had gap-like openings which corresponded to the crown shape of Magnolia trees. These temporary openings provide several advantages for beech seedlings to establish. Under these openings, late canopy closure in spring may scarcely suppress current shoot growth of beech seedlings which unfold their leaves earlier in spring. Moreover, the other gap-dependent species requiring constant sunlight through the growing season (i.e. pioneer species) hardly invade the habitats under phenological gaps. Thus, beech seedlings can dominate almost exclusively.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 24(2), 113-121, 2007

    植生学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522394
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    9394549
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ