バスケットボールにおけるリバウンドボールが勝敗に及ぼす影響 Influence that rebound ball in basketball exerts on victory or defeat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は、2008年3月に行われたJBLプレイオフ・ファイナルの4試合を対象とし,バスケットボールの試合においてリバウンドの獲得本数が試合の勝敗にどのような影響を及ぼすのかを,オフェンスリバウンド,ディフェンスリバウンドについてそれぞれ比較し,分析を試みたものである。その結果,オフェンスリバウンドは獲得本数の優劣が,試合の勝敗に直接関係するのではなく,獲得したオフェンスリバウンドを得点に結びつけた割合が高値の試合において,試合の勝敗に多大な影響を及ぼすことが認められた。ディフェンスリバウンドにおいては,両チームのインサイドでプレイする選手にリバウンドにおける技術の優れた選手が存在し,自チームのディフェンスリバウンドを確実に獲得した結果,ディフェンスリバウンドの重要性は再認識することができたが,獲得本数による優位差は認められず,試合の勝敗に及ぼす要因に至らなかった。

収録刊行物

  • 太成学院大学紀要

    太成学院大学紀要 12, 67-71, 2010-03

    太成学院大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522722
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11955645
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13490966
  • NDL 記事登録ID
    10689818
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-C794
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ