長期・滞在型海外研修の実際 : ハーバード大学イェンチン図書館実地研修 A case of long-term internship in foreign library : report on the internship project of Harvard-Yenching Library

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者は2007年3月から1年間,ハーバード大学イェンチン国書館に滞在し,実地研修を行なった。日本古典籍の目録出版や整理,ミーティングや図書館集会への出席,各地の図書館訪問や調査等を行ない,成果をウェブでリアルタイムに報告した。長期・滞在型海外図書館研修の利点として,アウトプットやコミュニケーションの体験,学内者として得られる情報・サービス,背景やマイナス面の理解等がある。また課題として,キャリアパスとの連動性,報告の公開,情報共有による研修事業の定着等がある。The author spent one year at the Harvard-Yenching Library on an internship, beginning in March 2007. He prepared a catalog of Japanese rare books for publication, attended meetings and library conferences, made site visits to other libraries,and reported his findings in real time through a blog. Some of the benefits of long-term internship in a foreign library include gaining experience with communicating and exchanging information (not just receiving but also giving), experiencing services from an insider's perspective, and gaining a better appreciation for the reasons for developing these services as well as their negative aspects. The author also considers issues such as the relationship between internships and career paths, public access to internship reports, and the value of sharing information about internship activities.

収録刊行物

被引用文献:  3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007572385
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00136087
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    03860507
  • NDL 記事登録ID
    10430375
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-397
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ