ヨハネス・イッテンによる巨匠絵画の分析について : その理念・方法論と今日的展開の試み About the 'Analyses of Old Masters' by Johannes Itten : A Practice Study on Itten's Ideas and Methods for Today's Appreciation Education

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は,バウハウス教師であったヨハネス・イッテンの造形教育において実践されていた「昔の巨匠絵画の分析」の理念及び方法論を確認するとともに,その今日的な展開の可能性を試みる実践研究である。この研究の前提には,筆者の継続するバウハウス研究の課題としてのバウハウス認識の見直し,また,イッテン研究の課題としての彼の造形活動や教育実践の明確化,そして,美術教育研究の課題として昨今注目されてきた鑑賞教育のあり方に対するオルターナティブの提示という目的が重ねられている。イッテン教育の方法論が今日にまで射程を延ばしていることの例証のため,ここでは画像処理による絵画イメージの変容を試行して,絵画の認識を深める実践を行った。

In this study, the author tried to verify the ideas and methods of the 'analyses of old masters' by Johannes Itten, who was a teacher at the Bauhaus and directed the preliminary course there. His analyses of famous paintings were practiced by students for the purpose of re-experience of the creation, and re-discovery of color, form and structure of the masterpieces. Itten's way of appreciation education by painting or collage, which was carried out by using the hand at the same time, was started from emotional feeling and led to rational construction. The author tried also to find the actuality of Itten's appreciation education for today. Using computer and software as image media, the image data of paintings are analyzed by filters which are used to attempt to change the appearance. This new kind of appreciation education by computer also illustrates the possibility of alternatives of Itten's educational ideas and methods.

収録刊行物

  • 美術教育学 : 美術科教育学会誌

    美術教育学 : 美術科教育学会誌 (30), 399-409, 2009-03-21

    美術科教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007580652
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10180722
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0917771X
  • NDL 記事登録ID
    10239582
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-3201
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ