リスティングの法則に基づく眼球の視軸と光軸の回転モデルとそれを利用した視線推定手法と評価手法 A Model of Rotation of the Visual and Optical Axes of the Eyeball on the Basis of Listing's Law, and Gaze-Estimation and Evaluation Method Using the Model

この論文をさがす

著者

抄録

幅広い利用者に受け入れられるコンピュータ操作方法として,視線計測技術を利用したインタフェースの研究が盛んに行われている.視線計測装置の研究において,眼球の形状モデルを用いたモデルベースのアプローチが,個人ごとのキャリブレーションの手間を削減できることから注目されている.本研究では,モデルベースの視線計測装置を対象として,視線を適切に計算するために,眼球の形状モデルに加えて,眼球の回転が従うリスティングの法則に基づく眼球の視軸と光軸の回転モデルを新たに提案した.そして,そのモデルを利用した視線推定手法を開発した.更に,そのモデルに基づく視線計測装置の評価手法も開発し,新たに開発した視線推定手法と従来の手法との比較を行った.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 93(4), 511-521, 2010-04-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007593185
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12099634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL 記事登録ID
    10653171
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-779
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ