ホーリズムの法哲学的意義と可能性-クワイン、ドゥオーキン、ロールズの考察を通して- Jurisprudential Significance of Holism : Through the Arguments of Quine, Dworkin, and Rawls

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007620101
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1161370X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13470388
  • NDL 記事登録ID
    9318843
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z71-G640
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ