図書館の利用頻度を高めることを目的とした書籍レコメンドシステムの開発(<特集>データマイニングの活用) Development of a recommendation system to promote of utilization of libraries(<Special feature>Data mining methodologies and application for libraries)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 青砥 哲朗 AOTO Tetsuro
    • 芝浦工業大学学術情報センター事務部ネットワークサービス課 Network Service Section Center for Science Information, Shibaura Institute of Technology

抄録

近年,インターネットで様々な情報が得られるようになったこともあり,正確な情報での自学や自習をする学生が減ってきている。また,学生が自身の履修する講義に対し,どのような本を選び,自学するかの情報が不足していることも否めない。これらのことは図書館の利用率の減少にもつながっていると言える。そこで著者らは,図書館の利用率をあげることを目的に,書籍をレコメンドするシステムを構築することとした。本報告では,学生に身近なシラバスの情報をもとに書籍をレコメンドするシステムを構築し,これを評価している。

In late years various information are provided on Internet, which causes the decrease of the students learning by themselves using correct information. In addition, there isn't enough information which book is necessary for their classes. These are also the reasons the decrease of the users of libraries. Therefore, we decided to develop a new book-recommendation system to increase library users. In this paper, we report the developed system which recommend books for students based on the information of the syllabus which are familiar to them, and evaluate it.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 60(6), 236-241, 2010

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007651312
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    10688602
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ