北西太平洋西部亜寒帯循環内Station K2におけるレディオラリア(放散虫類)・フラックスの季節変動 Seasonal flux changes of radiolarians at Station K2 in the Western Subarctic Gyre

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池上 隆仁 Ikenoue Takahito
    • 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門 Department of Earth and Planetary Sciences, Graduate School of Science Kyushu University
    • 高橋 孝三 Takahashi Kozo
    • 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門 Department of Earth and Planetary Sciences, Graduate School of Science Kyushu University
    • 田中 聖二 Tanaka Seiji
    • 北海道大学大学院水産科学研究院海洋生物資源科学部門 Graduate School of Fisheries Sciences, Hokkaido University

抄録

北西太平洋西部亜寒帯循環内の時系列観測点Station K2において2005年3月から2006年5月に設置されたセディメント・トラップの沈降粒子の試料をもとにレディオラリア(放散虫類)・フラックスの季節変化を調べた。その結果,Station K2の海域はオホーツク海からの陸棚起源の鉄や栄養塩に富んだ水塊及び千島列島沿岸,カムチャッカ半島東岸からの沿岸水の影響を強く受ける環境にあることが示唆された。また,レディオラリアの生息深度ごとにフラックスの季節変化を考察することで西部亜寒帯循環内の様々な深度ごとの水塊環境との関わりが明らかになった。

Time-series radiolarian fluxes were observed employing sediment traps at Station K2 (47°N, 160°E, water depth: 5280m) located in the Western Subarctic Gyre in the northwestern Pacific Ocean during March 2005 through May 2006. It is suggested that the northwestern North Pacific around Station K2 is the area influenced by Okhotsk Sea water masses rich in iron and nutrients, which were originated from the continental shelf and coastal seawater masses from the Kuril Islands and eastern Kamchatka. Based on available plankton tow data with four depth intervals, the flux data at specific water depth intervals were evaluated. We also characterized the relationships between radiolarian seasonal flux changes and seasonal variations of water masses at their dwelling depths.

収録刊行物

参考文献:  77件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007658205
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10382760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09168362
  • NDL 記事登録ID
    10775079
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-778
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ