小学校教師におけるバーンアウトの因子構造の検討 Factorial validity of a burnout scale for Japanese elementary school teachers

この論文をさがす

著者

抄録

教師のバーンアウト研究において,バーンアウト尺度における因子構造の不安定さが研究上の問題点として指摘されてきた。すなわち,Maslach Burnout Inventory(MBI)などのバーンアウト尺度で想定されている因子のうち,「情緒的消耗感」因子と「脱人格化」因子についての統計的な識別が曖昧であり,教師におけるバーンアウト概念の整理と合わせて,検討の余地が残されてきた。そこで,本研究では小学校教師における日本語版バーンアウト尺度の因子的妥当性を検討することを目的とした。甲信越地方の公立小学校教師を対象に調査を実施し,540名から有効回答が得られた。バーンアウトの理論的背景及び教師を対象にMBIや日本語版バーンアウト尺度を実施している先行研究を基に,2つの因子構造モデルを想定し,確認的因子分析によるモデル比較を行ったところ,「情緒的消耗感」「脱人格化」「個人的達成感」の3つの因子で構成される3因子モデルが最も高い適合度を示した。この結果から,小学校教師のバーンアウトは3つの因子で説明することが適切であることが示唆され,今後の研究において,この3側面の時系列的な相互関係に焦点を当てることで,バーンアウトプロセスの解明や段階に応じた適切な介入方法の発見につながる可能性が考えられた。

One of the main issues in studying teacher burnout using the Maslach Burnout Inventory (MBI) Japanese version or the Japanese Burnout Scale has been the inconsistent or ambiguous factor structure found for this burnout scale. The main purpose of this study was to investigate the statistical factor structure of the Japanese Burnout Scale for elementary school teachers. A group of 540 elementary school teachers responded to questionnaires. Two models of factor structure were examined via structural equation modeling. Results showed three factors in the Japanese Burnout Scale for elementary school teachers: emotional exhaustion, depersonalization and personal accomplishment. Finally, theoretical explanations of the findings and implications for future research were discussed.

収録刊行物

  • 学校メンタルヘルス

    学校メンタルヘルス 12(1), 77-84, 2009

    日本学校メンタルヘルス学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007671566
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1140918X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13445944
  • NDL 記事登録ID
    10490068
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-C588
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ