トンボの絶滅リスクに及ぼす生態的特性の効果 Effects of ecological traits on extinction risk of dragonfly species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 角谷 拓 KADOYA Taku
    • 国立環境研究所生物圏環境研究領域 Environmental Biology Division, National Institute for Environmental Studies

抄録

類似の環境変化のもとでも種の絶滅リスクはその生態的特性に応じて異なる。種間の絶滅リスクの差異の生態的要因を解明するための統計モデルによる分析手法が発展しつつある。本稿では、日本産トンボ目の種ごとの絶滅リスク評価、および絶滅リスクに及ぼす生態的特性の効果を分析した研究を紹介する。このような種間比較アプローチは、種の絶滅リスクに大きな効果を持つ人為要因の特定に有効である。

収録刊行物

  • 日本生態學會誌

    日本生態學會誌 60(2), 187-192, 2010-07-31

    日本生態学会暫定事務局

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007682234
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193852
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215007
  • NDL 記事登録ID
    10797169
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-43
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ