典拠コントロールの現状と将来(<特集>書誌コントロール再考) Authority control : Today and the future(<Special feature>Rethinking bibliographic control)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

典拠コントロールは,図書館目録の集中機能を実現するための重要な機構である。本稿ではまず,現行の目録法における典拠コントロールの仕組みを整理し,いくつかの問題点を指摘する。続いて,目録の変革を目指す近年の動向における典拠コントロールの方向性を,書誌コントロール政策,次世代OPAC,新しい目録法(FRBR/FRAD,国際目録原則,RDA)の各観点から整理する。さらに,図書館外のコミュニティにおける「識別子」の動向,典拠データを図書館外のコミュニティに開放する取り組みについても述べる。情報環境の変化を背景とした諸動向のなかで,典拠コントロールは以前より明確に位置づけられ,その重要性は増している。

Authority control is important device to achieve collocation function of library catalogs. The purpose of this paper is to review recent topics related to authority control. Firstly, I describe outline of existent rules and practice and point out some problems. Secondly, I review position of authority control in recent trends restructuring bibliographic control, from the viewpoint of bibliographic control policy, next generation OPAC, and new standards (FRBR/FRAD, International Cataloguing Principles, and RDA). In addition, trends on "Identifier" outside the library community and release of authority data to Web world are reviewed.

収録刊行物

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007701194
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    10802816
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ