バランスト・スコアカードを大学図書館運営に活用する--バージニア大学図書館の事例から Using the Balanced Scorecard for Management of University Libraries: about the case of the University of Virginia Library

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,バランスト・スコアカードの大学図書館への適用例として,バージニア大学図書館における導入から運用に至る取り組みを紹介した。その結果,大学図書館運営へのバランスト・スコアカード導入には,図書館のミッションの明確化,既存の統計データの活用,評価結果のフィードバックによる業務の改善等,日本の大学図書館運営においても共通する利点があることがわかった。This paper introduces how Balanced Scorecard can be applied to academic libraries by using the University of Virginia Library's implementation and use of Balanced Scorecard. As a result of introducing Balanced Scorecard, the library's mission has become clearer, they are better able to utilize the statistics that they have already gathered, and are able to make improvements to operations based on feedback received from evaluations. The author believes that there would be equivalent merits for Japanese academic libraries.

収録刊行物

  • 大学図書館研究

    大学図書館研究 89, 58-68, 2010-08

    大学図書館研究編集委員会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007870548
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00136087
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    03860507
  • NDL 記事登録ID
    10896072
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-397
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ