Linked Open Dataによるボトムアップ型オープンガバメントの試み Activities to realize open government with linked open data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

Web of Data というコンセプトのもと,ウェブ上で計算機処理可能なデータを分散的に生成し,それを互いにリンクさせることにより,共有財としてのデータベース資源を確立するという試み,それが Linked Open Data である.その特質を活用し,これまで行政が単独で担ってきた情報収集,分析とそれを生かした政策実現,住民サービス実施を分担するという試みが始まっている.本論文では,住民コミュニティと行政の連携を通じたボトムアップ型オープンガバメントの試みについて紹介し,ウェブ標準技術が共有財の創出と受益者の拡大にどのように貢献できるかについて検討する.Linked Open Data (LOD) is the concept that realizes developing database resources as commons by generating machine readable data linked each other on the web with distributed activities. LOD enables trial of supply public services, which used to be provided only by public sector such as research, analysis and policy planning deconcentratedly. This paper introduces activities with cooperation among citizens and administrative bodies. We analyze how web standards can contribute to create commons and increase beneficiaries.

収録刊行物

  • 研究報告 デジタルドキュメント(DD)  

    研究報告 デジタルドキュメント(DD) 2011-DD-79(1), 1-8, 2011-01-14 

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007891128
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10539261
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    1884-0930
  • NDL 記事登録ID
    025097675
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    NDL  IPSJ 
ページトップへ