【小特集セッション】小特集人文科学とコンピュータ研究を支える資料を考える―MLAの立場から― Consider of Research materials of "Computer and Humanities" -from Museum, library, and Archives

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

人文科学研究には当然ながらさまざまな資料を必要とする。コンピュータを応用した研究もその例外ではない。この小特集セッションでは、人文科学とコンピュータに関わる研究の基礎となる資料について、それを扱う諸機関の現状と資料の特性を確認すると同時に、人文科学とコンピュータ研究への効果的な活用方法や、これら諸機関ではどのようなデジタル化が望まれているのかを再確認したい。In this special session, we discuss about the research materials becoming basic of "the computer and the humanities study". We discuss the characteristic of the research materials of the museum, library and archives. In addition, We argue the effective usage to the humanities and a computer study. And we consider what we expect design of digitization at the museum, library and archives.

収録刊行物

  • 研究報告 人文科学とコンピュータ(CH)

    研究報告 人文科学とコンピュータ(CH) 2011-CH-89(7), 1-3, 2011-01-15

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007891162
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1010060X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    1884-0930
  • NDL 記事登録ID
    025113724
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ