オブジェクト指向言語における変数とデータの関係を理解するためのワークベンチ A Workbench for Understanding Relationship between Variable and Data in Object Oriented Programming Language

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々はJavaやC#などの静的な型付けを行うオブジェクト指向言語を学習するうえで比較的抽象度が高くつまずきやすい「型・変数・オブジェクトとデータ参照」の理解を促進するためのワークベンチAnchor Gardenを構築した.学習者はマウス操作により視覚的な表現を持つ"変数" や"オブジェクト" を生成したり,変数からオブジェクトにリンクを張る操作体験を通じて,プログラミング言語における独特の考え方に接近することができる.また本ワークベンチはモデルの操作に対応したコードを自動生成する機能を持つ.これにより学習者はプログラムのコードと自身が行ったモデルの操作を対応付けることができる.実験の結果,Anchor Gardenに習熟すると変数とオブジェクトの関係の理解能力が向上する傾向が見られた.また変数とオブジェクトの関係理解度とプログラム作成能力との相関が見られ,Anchor Gardenがプログラム作成能力を向上する可能性が示された.We propose "Anchor Garden," an interactive workbench software to learn fundamentals of data structure with concepts of type, variable, object, and its relations in a strongly-typed object oriented programming language such as Java and C#. Learners can approach the concepts by a direct manipulation of graphical models. Anchor Garden (AG) allows the learners to create variables and objects, and to link among them. Since AG automatically generates source-code corresponding to the learner's manipulations, the learner can relate manipulations and representations of source code. Experimental result showed a tendency of learning effect with AG, and high correlations between the concept understanding and programming ability. Thus AG has a possibility to enhance the programming ability for novice programmers.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 50(10), 2396-2408, 2009-10-15

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007970523
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024198124
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  IPSJ 
ページトップへ