工学系大学院の研究室教育における学生の満足度および成長の自己評価と研究業績の関係 An Analysis of the Relationships among Graduate Students' Satisfaction, Self-Assessment of Progress, and Research Achievements in Engineering Laboratories

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は工学系大学院生の研究室教育に対する満足度および成長の自己評価と研究業績の関係を検討することである.本研究では工学系研究室に対する層化無作為抽出による質問紙調査を実施し,73研究室からデータを収集した.本研究でのデータは学生レベルと研究室レベルを含む階層的データであるため,学生レベルのモデルと研究室レベルのモデルに分けて相関係数を算出した.分析の結果,次の2点が示唆された.(1)研究室レベルで修士課程大学院生に査読有りの研究発表を求めていくことと,学生の学術コミュニケーション能力との間にはポジティブな関係がある一方で,満足度との間にはネガティブな関係がある,(2)修士課程大学院生に自分が第1著者となる研究以外の共同研究にも参画させていくことと,学生の満足度や成長の自己評価の間に研究室レベルでみてポジティブな関係がある.

The purpose of this study is to investigate the relationships among graduate students' satisfaction, self-assessment of progress, and research achievements in engineering laboratories. In this study, we conducted a random sampling survey of engineering laboratories in universities and collected data from 73 laboratories. Since the data collected in this study is multilevel data including individual and group (laboratory) levels, we divided the data into "Within model" (model of an individual level) and "Between model" (model of a group level) and calculated the correlation coefficients. The results of the analysis indicate the following: (1) At a group level, forcing graduates to publish refereed reports of their laboratory achievements would positively correlate with their academic communication, but negatively correlate with their satisfaction with regard to laboratory education. (2) At a group level, making graduate students participate in joint research would positively correlate with satisfaction in laboratory education and self-assessment of progress.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 34(2), 95-103, 2010

    日本教育工学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007988920
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    10914185
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ