発音解析のための大規模可視化情報プラットフォーム  [in Japanese] A Large Scale Visualization Platform for Speech Analysis  [in Japanese]

Access this Article

  • IPSJ

Search this Article

Abstract

近年,歯科治療後に発生する発音変化を予測するため,発音に関する知識の体系化が行われている.そのためには発音の数理モデル化とその結果についての専門家による評価を収集しなければならない.しかし,このような研究は複数の専門分野にまたがり,かつ研究者は地理的に分散しているため,各研究者が研究評価したデータを登録,蓄積するためのプラットフォームが求められている.そこで,研究者が広域分散環境においても協調して情報を登録,編集できる知識データベースを構築するため,1) 発音研究用評価支援フローを提供するポータル機能,2) 発音解析用メタデータ管理機能,3) 高速な大規模分散データ管理機能,を統合した大規模可視化情報プラットフォーム Penetrator を提案する.Penetrator によって,専門家らによる発音時の気流のシミュレーション結果に関する評価の蓄積が可能となった.それとともに,発音研究者,流体研究者,歯科医師が地理的に分散していた場合であっても,それぞれの専門性によって醸出されるアノテーションを解析結果中の三次元座標上に付記していくことで,有用な知識が得られることが確認できた.また,地理的に離れた研究者間であっても,高速転送プロトコルを分散ファイルシステムに適応することで,大規模な物理シミュレーション結果データそのものを用いた,アノテーションの追加,編集が行えることを確認した.

The prediction of the distortion of pronunciation occurred after dental treatments is expected by both clinicians and patients, which interdisciplinary scientists who live in geographically dispersed can only treat. A platform is therefore necessary for the scientists to evaluate the results of speech analyses in their own specific area, and submit the reports into a common database. In order to develop the platform so that can collect assessments by researchers who live in geographically disparsed, we propose the large scale visualization platform which consists of three functions mainly: 1) web portal function which supports researchers to edit and submit their assessments for the results of speech analyses, 2) the metadata management function, and 3) the high speed large data management in distributed environment. Accordingly, the large scale visualization platform enabled scientists to share the large scale data and visualization parameters by using the proposed metadata management thorough the web portal in wide area network. Finally, the usefulness of our proposed platform was verified though the evaluation of this paper.

Journal

情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   [List of Volumes]

情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム 2(3), 189-200, 2009-09-18  [Table of Contents]

Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Cited by:  2

You must have a user ID to see the cited references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID) :
    110007990261
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID) :
    AA11833852
  • Text Lang :
    JPN
  • Article Type :
    Journal Article
  • ISSN :
    03875806
  • NDL Article ID :
    024316773
  • NDL Call No. :
    YH247-812
  • Databases :
    CJPref  NDL  NII-ELS