MWS Cup 2009活動報告 ~競技用通信データ作成について~ MWS Cup 2009 Activity Report ?about Construction of Contest Traffic Data?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

去る 2009 年 10 月 26 日に,MWS 2009 の企画として,MWS Cup 2009 が開催された.今回の競技では,感染ホストと通常ホストの通信データを先頭数分間のデータから区別することと,その感染しているマルウェアの名前とその後のネットワーク上での活動を推測することが出題された.我々はこの競技会の企画,運営を担当し,競技に用いる通信データを作成した.本発表では,その競技用通信データの作成について報告する.On October 26th, 2009, MWS Cup 2009 was held as one of projects in MWS 2009. Questions in this contest were discrimination between infected hosts' and normal hosts' traffic data of the first few minutes, and inference of malware names and subsequent network activities. We were in charge of planning and running this contest, and we made the traffic data for this contest. In this paper, we report on the construction of the contest traffic data.

収録刊行物

  • 研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)

    研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC) 2009-CSEC-47(2), 1-5, 2009-12-11

    情報処理学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007990945
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11235941
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025066332
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ