食事状況認識によるテーブル型リアルタイム料理推薦システム Adaptive tabletop dish recommendation system by the recognition of realtime dining activity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

テーブルでの食事状況に基づいて追加料理をリアルタイムに推薦するテーブル型システム Future Dining Table (FDT) について述べる.本システムは,ユーザがテーブル上の料理皿に箸を伸ばす動作を食事行動と認識し,その履歴も利用して食事状況を判断する.これに応じて,リアルタイムに適当と思われる追加料理をテーブル上に表示する形で推薦する.食事行動の認識と料理の認識,料理残量の推定はテーブル上部のカメラからの画像による.料理の追加注文が生じる居酒屋のような外食サービスにおいて,人員が不十分なため行き届かない点を補えると考えられる.A tabletop realtime dish recommendation system according to the current dining status is presented. The system is named Future Dining Table (FDT). This recognizes the movement of the chopsticks to the dishes as eating activity. It estimates the current dining status from the history of eating activity. Appropriate additional dishes are recommended in realtime according to this status, showing the pictures of the dishes on the table. The eating activity and the dishes, and the remains of food can be recognized by the video from the camera installed above the table. The system is assumed to be useful in making up for the staff shortage in the Japanese pub.

収録刊行物

  • 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)

    研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN) 2010-GN-77(18), 1-8, 2010-11-18

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007993396
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155524X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ