Twitterにおけるコンテキストと単語の相関関係分析 Relational Analysis between User Context and Input Word on Twitter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 荒川 豊 ARAKAWA YUTAKA
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Graduate School of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 田頭 茂明 TAGASHIRA SHIGEAKI
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Graduate School of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 福田 晃 FUKUDA AKIRA
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Graduate School of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University

抄録

本研究では,コンテキストアウェアIME実現へ向けて,コンテキストと入力文字列との相関関係を明らかにするために,Twitter (ツイッター) のつぶやきを収集し分析を行った.ツイッターを分析対象とした理由は,位置情報が付加された文字列が大量に得られることと幅広いユーザ層の文字列が得られることからである.2009 年 12 月 15 日から 2010 年 2 月 1 日の位置情報付きの 13590 件のツイートに対して,位置情報から得られるランドマーク情報と,時間情報から得られるテレビ番組情報とのマッチングを行ない,取得したツイートのうち,4.83% が発言した位置を元に得られるランドマーク情報を含み,8.16% が発言した時間を元に得られるテレビ番組情報を含んでいることを明らかにした.また,一致した文字列は,2~3 文字であることや Web 検索結果の上位 10 件に約 45% が含まれていることを明らかにした.The objective of this paper is to clear out the relation ship between user's context and really used words in order to realize the context-aware IME. In this paper, we target public tweets of Twitter, because it includes various user's real sentences with geocode (latitude and longitude). We analyze 13590 tweets that have collected from 15 December 2009 to 1 February 2010 for specifying the relationship to landmark information and TV program. As a result, we show that 4.83% of tweets include landmark words, and 8.16% of tweets include TV program words. Additionally, we bring out that average length of concerted words is about 2.5 words, and 45% of them are included in top 10 of web search results.

収録刊行物

  • 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) 2010-UBI-25(50), 1-7, 2010-03-19

    情報処理学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007995210
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11838947
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025106852
  • NDL 請求記号
    YH267-101
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ