代数ブロック化多色順序付け法による並列化ICCGソルバの性能評価 Performance Evaluation of Parallel ICCG Solver based on Algebraic Block Multi-color Ordering Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文では,ランダムスパース係数行列を対象とした並列化 ICCG ソルバについて述べる.差分解析において提案されたブロック化多色順序付け法をランダムスパース係数行列用に拡張した代数ブロック化多色順序付け法を提案する.代入計算におけるキャッシュヒット率の向上と ICCG 法の収束性改善を目的とするブロック化と色付けの方法を提示する.提案手法により得られたソルバを 3 種の数値例で検証した.その結果,Fujitsu HX600 1ノード (16コア) 使用時において従来法である代数多色順序付け法と比較して,計算時間を約半分に短縮することに成功した.This paper deals with parallel ICCG solvers for a linear system of equations having a randam sparse coefficient matrix. We propose algebraic block multi-color ordering, which is an enhanced version of block multi-color ordering for a structured finite difference analysis. We present blocking and coloring procedures for improving cache hit ratio and convergence. The proposed method is examined in three numerical tests on a node of Fujitsu HX600, which show that the computational time is successfully reduced to half of that of the conventional algebraic multi-color ordering method.

収録刊行物

  • 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2009-HPC-121(11), 1-8, 2009-07-28

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007995406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10463942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    1884-0930
  • NDL 記事登録ID
    024776526
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ