適応的な粒子径を持つ粒子を用いたスキニング Skinning that used particle with adaptive particle diameter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

3DCG アニメーションにおいて,オブジェクトを骨格に沿って変形する技術をスキニングと呼ぶ.このとき,オブジェクトの表面にある頂点座標は頂点ブレンディングにより決定する.しかし,この手法では関節部において形状の収縮や陥没が起こる場合がある.これを避けるために粒子を用いる手法が提案されているが,オブジェクトの変形を精度良く行おうとすればすれば粒子の数を増やす必要があり,計算時間が増大してしまう.そこで本研究では,この粒子径を適応的に変化させ,精度を保ちながら少ない粒子数で変形を行うことにより,計算を高速化する手法を開発した.Skinning is a technique for deforming an object shape along the skeleton used in 3DCG animations. This technique sometimes cause unexpected results such as surface collapse and shape shrinkage when it is using linear blending of vertices positions. A particle based technique had been proposed in order to avoid this problem. However, this technique takes longer time to deform more precisely because it needs to increase the number of the particles. This paper proposes an acceleration method of this particle based skinning technique by changing particle diameter adaptively.

収録刊行物

  • 研究報告グラフィクスとCAD(CG)

    研究報告グラフィクスとCAD(CG) 2010-CG-140(8), 1-6, 2010-09-01

    情報処理学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007997497
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10100541
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025099423
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ