振動抑制を考慮した追従システムのFPGAによる実装 An FPGA Implementation of Tracking Control System with Vibration Control

この論文をさがす

著者

    • 手塚 康瑛 TEZUKA Yasuaki
    • 豊橋技術科学大学 知識情報工学専攻 Dept. Knowledge-based Information Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 市川 周一 ICHIKAWA Shuichi
    • 豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系 Dept. Electrical and Electronic Information Engineering, Toyohashi University of Technology

抄録

近年の制御システムでは,複雑な計算を短い反応時間で処理することが要求されている.これらの相反する要求を満たすため,制御システムの専用回路による実装が検討されるようになった.本研究では,MATLAB/Simulinkで構築された制御モデルをHDL CoderでHDLに変換し,FPGA上に実装した場合の性能を評価する.制御モデルの例として,振動抑制を考慮した追跡システムのうち特に速度の要求される予測制御部分について検討した.Real-Time Workshopで生成したソフトウェア(Atom Z530 1.6GHzで実行)と比較して,Altera Stratix III FPGAによる実装では約20倍の性能が得られることがわかった.

Recent control systems are required to finish massive and complex calculations in a very short period. Hardware implementation of control logic is a prospective solution to satisfy these contradictory requirements. This study presents an FPGA implementation of tracking control system, which was designed with MATLAB/Simulink, converted into HDL with HDL Coder, and then implemented with Altera Stratix III FPGA technology. The corresponding software implementation was also generated with Real-Time Workshop for performance comparison. The FPGA implementation of predictive control logic, which is a computationally demanding part of the tracking control system, was approximately 20 times faster than the software implementation on Intel Atom Z530 processor(1.6GHz clock).

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム : IEICE technical report

    電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム : IEICE technical report 110(32), 57-62, 2010-05-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007999818
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12046591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10711933
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ