学術書籍の難易度を読者ネットワークから推定する試み An Attempt to Estimate Difficulty of Learned Books from Readers Network

この論文をさがす

著者

抄録

情報推薦手法として協調フィルタリングが一般的に用いられているが,これは利用者の嗜好情報に基づいて推薦を行うものである.推薦対象を学術書籍とした場合,嗜好に基づくだけではなく,その分野における利用者の習熟度に応じた適切な難易度の書籍の推薦を行いたい.そこで本研究では,一般的な協調フィルタリングと同様に,誰がどの書籍を読んだかという関係からなる読者ネットワークのみを用いて,学術書籍の難易度の推定を試みる.

As a information recommendation technique, the collaborative filtering is applied generally. It recommends desired information based on the "taste" information of the users. Our purpose is to develop a recommendation system for learned books based on not taste but rather the users' acquisition values and the books' difficulty values. In this paper, we describe an attempt to estimate difficulty of learned books from readers network, as in a general collaborative filtering.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 110(67), 19-24, 2010-05-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008000785
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10711970
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ