会話における母音無声化の出現と状況依存性 : 近畿方言話者を対象に Listener-oriented adaptation of vowel devoicing in dialogues by Kinki dialect speakers

この論文をさがす

著者

    • 安田 麗 YASUDA Rei
    • 神戸大学大学院国際文化学研究科博士後期課程 Graduate School of Intercultural Studies, Kobe University
    • 林 良子 HAYASHI Ryoko
    • 神戸大学大学院国際文化学研究科 Graduate School of Intercultural Studies, Kobe University

抄録

日本語音声の特徴的現象である母音の無声化は,聞き手が誰であるかという会話の状況によって,その出現が変化する要素の一つであると考えられている.本研究では,そもそも母音の無声化が少ないとされている近畿方言話者が、東京方言話者と話す場合,近畿方言話者と話す場合,そして外国人と話す場合にどのような発音がなされているのかについて,母音の無声化に焦点を当て実験を行った.その結果,近畿方言話者の会話における母音無声化の出現については,個人差があるものの、平均すると対東京方言話者,対外国人留学生,対近畿方言話者の順で,母音無声化率が高い傾向があることがわかった.この結果より,近畿方言話者は対話相手が誰であるかによって母音無声化を制御し,話し方を変化させていることが示唆された.

Vowel devoicing in Japanese is thought to have listener adaptive characteristics. Speakers tune their performance according to communicative and situational demands. Kinki dialect speakers, however, generally produce less vowel devoicing in speech production than Tokyo dialect speakers. It is not known to what extent Kinki speakers "tune" their vowel devoicing to the dialect of the listener. In the present study, three types of dialogues were recorded and analyzed: 1) dialogues between Kinki dialect speakers, 2) dialogues of a Kinki dialect speaker and a Tokyo dialect speaker, and 3) dialogues of a Kinki dialect speaker and a foreign student. The result shows that Kinki dialect speakers produce more vowel devoicing if they speak to Tokyo dialect speakers or to foreign students compared with Kinki dialect speakers. The result demonstrates that vowel devoicing in Kinki dialect has listener adaptive characteristics.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 109(451), 13-17, 2010-02-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008001017
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10648830
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ