Part-based 文字認識の試み手書き数字認識に大局的構造は必要か? Part-based recognition of handwritten digits

この論文をさがす

著者

抄録

「文字の大局的構造を用いずに,その断片群を観察するだけで,どれぐらいの認識率が得られるだろうか?」-本稿では今まで顧みられることのなかったこの疑問に取り組む.そして,手書き数字画像データベースMNIST中の2万サンプルを用いた実験を通して,大局的構造を用いなくても90%以上の認識率が得られることを示す.断片群すなわち局所部分の集合を用いた認識は,part-based認識とも言われ,物体認識の分野では既に様々なアプローチが試みられている.本稿は,白黒2値の単純な線図形という,ある意味part-basedでは最も見分けが付きにくいパターンに対する試みであるとも言える.

This paper investigates a part-based recognition method of handwritten digits. In the proposed method, the global structure of digit patterns is disregarded by representing each pattern by just a set of partial patterns. The method is then comprised of two steps: first, each of J partial patterns of a target pattern is recognized into one of ten categories ("0"-"9") by the nearest neighbor discrimination with a large database of reference partial patterns. Then, the category of the target pattern is determined by the majority voting on the J local recognition results.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 109(418), 13-18, 2010-02-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008002788
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10591881
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ