対話システムにおける対話履歴要約の有効性について Effectiveness of Non-task-oriented Dialogue System Using Abstract of Chat Logs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近年,非タスク指向型の対話システムは様々な場面で利用されている.しかし,それらのシステムはユーザーに飽きられやすいという問題がある.よりシステムを実用的なものとするためには,話し手としての応答だけでなく,聞き手としての応答を適切に行うこともまた重要となってくると考えられる.そこで我々は,聞き手としてより良い応答を返すシステムを実現するために,過去の対話内容を要約して応答に用いる手法を提案する.本稿では,さらに本手法の有効性を確認するために行った実験について述べる.Recently, non-task-oriented dialogue systems are used in various fields. However, almost all users lose interest in communicating with these systems if they use it every day. In order to realize a practical system, a suitable response not only as a speaker is important, but also as a listener is important. It is an excellent system that the system can memorize the previous mentioned matter, and talk with it. In order to realize such kind of system, our proposed method uses an abstract of chat logs for the generation of responses. In this paper, we did questionnaires to confirm effectiveness of our system, and asked participants to evaluate the responses that the system generated.

収録刊行物

  • 研究報告情報学基礎(FI)

    研究報告情報学基礎(FI) 2010-FI-97(11), 1-6, 2010-01-21

    情報処理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008003402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10114171
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025062321
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR  IPSJ 
ページトップへ