表情認知における周辺情報の影響(ワークショップ(ポジションペーパー発表),「コミュニケーション研究の今,その先」及び一般) The influence of peripheral information on recognition of facial expression

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,表情表出の背景となった文脈やジェスチャーなどの表情以外の情動的シグナル,知覚者自身の情動状態など,表情の形態的特徴以外の様々な周辺情報が表情認知に影響を及ぼすことが示されている.本論文では,どのような周辺情報が表情認知に影響するのかについて概説し,今後の展望を述べる.

Recent studies have demonstrated that people recognize facial expression not only by its morphological feature but also by peripheral information : what context the expression was shown, emotional signals other than facial expression, such as gesture, perceivers' affective state and so forth. The aim of the current article is reviewing the progress of research on the influence of peripheral information on facial expression recognition and showing prospects for future research.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 109(457), 27-28, 2010-03-01  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008004378
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ