独立成分分析を用いた視-触覚統合処理時の脳活動の分離検討(マルチモーダル,感性情報処理,一般) The decomposition of EEG activities corresponding to visuo-tactile integration process by Independent Component Analysis

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,独立成分分析を用いて多感覚統合に関する脳活動を分離して検討することを目的とした.実験課題は,実験参加者の人差し指と親指のどちらかに視一触覚刺激を同時に呈示し,触覚刺激がどちらに呈示されたかを答えさせた.2つの刺激が同じ指に呈示された時を一致条件,異なる指に呈示された時を不一致条件とした.独立成分分析の結果,頭頂部に信号源を持つ成分と,前頭部に信号源を持つ成分が得られた.前者のガンマ帯域(60-80Hz)の活動は,一致条件にのみ表れており,感覚統合処理を表すと考えられる.またシータ帯域(4-7Hz)の活動は,不一致条件にのみ表れ,信号源が前部帯状皮質にあることから,競合解決処理を担っていると考えられる.

This study aimed to decompose the EEG activities related to the multimodal integration process. The participants were asked to respond to the location of the tactile stimulus presented at their index finger or thumb, while ignoring simultaneous visual stimuli presented at the same (congruent condition) or different (incongruent condition) finger. We found the significant increase of the congruent gamma band oscillation at the parietal area only, and the incongruent theta band oscillations at the anterior cingulate cortex (ACC). These results suggest that the multisensory process includes the binding process at the parietal cortex and the competition resolution process at the ACC..

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理  

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 109(345), 119-123, 2009-12-10 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008004441
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10510046
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ