腸内環境で変わるストレス反応性 : 腸内フローラとストレス(日本心身医学会・東北大学脳科学GCOE合同シンポジウム:医学・生物学これからの50年の大問題:心脳問題をいかに解明してゆくか,2010年,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(仙台)) Gut Microbiota and Stress(Symposium/A Vital Problems of Medical and Biological Sciences in Comimg 50 years: How to Elucidate the Problem of the Mind-brain Interaction)

この論文をさがす

著者

    • 須藤 信行 Sudo Nobuyuki
    • 九州大学大学院医学研究院心身医学 Department of Psychosomatic Medicine, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

抄録

腸内フローラは,長い進化の過程を通じて宿主と調和的な共生関係を形成している.近年,腸内フローラの異常がさまざまな慢性疾患,特に肥満や炎症性腸疾患と関係していると考えられている.さらに,現在のところエビデンスは限られているが,腸内フローラは正常な神経機能の発現にも関与している可能性が示唆されている.本稿では,これらのデータについて紹介するとともに精神健康や精神疾患との関連について述べた.

Gut microbes live in a state of harmonious symbiosis with each other and their host, however, a disordered balance amongst gut microbes is now thought to be an associated or even causal factor for chronic medical conditions as varied as obesity and inflammatory bowel diseases. While evidence is still limited, there are rapidly coalescing clusters of evidence which point to the possibility that variations in the composition of gut microbes may be associated with changes in the normal functioning of the nervous system. This review focuses on these data and suggests that the concept should be explored further to uncover possible links to mental health and psychiatric disorders.

収録刊行物

  • 心身医学

    心身医学 51(1), 39-44, 2011-01-01

    一般社団法人日本心身医学会

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008006725
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00121636
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03850307
  • NDL 記事登録ID
    10923322
  • NDL 雑誌分類
    ZS31(科学技術--医学--精神神経科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ