ハイブリッドな情報環境における情報探索行動の分析(<特集>情報の信頼性) Analyses of information seeking behavior on hybrid information environment(<Special feature>What is credibility and trustworthiness in information society?)

この論文をさがす

著者

抄録

Webに代表される電子的情報源と書籍に代表される物理的情報源からなるハイブリッドな情報環境は,現在の情報社会において日常的なものとなっている。著者らは,日常的な情報探索行動の解明のために,ハイブリッドな情報空間の一例として大学図書館を取り上げ,そこでの情報探索行動を実験的に捉えてきた。実験では,大学生を対象に実験課題としてレポート課題を実施し,視線計測等による情報探索中の行動を含むデータを網羅的に収集してきた。本論文では,大学生の問題解決に伴う情報探索行動を対象にした実験における,実験手法と分析のための方法論およびその結果について紹介する。

Today's information environment has became more hybrid nature of e-resources and physical resources such as Web and book materials. We have conducted multiple experiments in order to understand user's behavior on hybrid information environment. In the experiments, we have focused on academic libraries as an example of hybrid information environment, have used a series of term paper writing tasks for undergraduate students, and have collected various data including eye-tracking and web action data during a task. In this paper, the author shows several experimental and analytical methodologies as well as their results on problem solving behavior of college students.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術  

    情報の科学と技術 61(1), 15-21, 2011-01-01 

    社団法人情報科学技術協会

参考文献:  11件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008007071
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    10924957
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ