レシートログと消費行動に関する未来予測 Prediction and Visualization of Future Expenditure with Logging and Analyzing Receipts

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,過去の購買情報から未来の消費行動を予測・提示することで,ユーザの収支バランスの改善を図ることを目的とする.まず,レシートをスキャン・OCR(光学文字認識)することで,店名・住所・電話番号・消費金額といった購買情報を記録した(レシートログ).大量のレシートログを可視化することで,消費行動には時間的・場所的周期性があることを発見した.そして,周期性を利用し,未来の消費金額・可能性を予測・提示するアプリケーションを開発した.それらを実際にユーザに利用してもらい,評価することで,予測提示がユーザの消費行動に影響を与えることが分かった.

A purpose of this research is to improve user's balance of income and expenditure by forecasting and presenting future expenditure from past purchase information. First, we logged various purchase information by scanning large number of receipts and applying them to OCR (Optical Character Recognition). We call this system "Receiptlog". From data of Receiptlog, we found out the periodicity with time and place in expenditure behavior. Making use of it, we developed an iPhone application, "Expenditure Forecast", which forecasts an amount and possibility of future expenditure and presents them to users. We evaluated this application, and found out that presentation of forecast affected users' expenditure behaviors.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 110(108), 99-104, 2010-06-22

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008095333
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10752248
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ